スポンサーリンク

本試験が近づくにつれて、みなさんの心境はどう変化しますか?

 

あれもやってない、これもやってない・・・!

 

不安は募る一方ですよね。

(中にはいつでもこい!ってぐらい勉強している方もいると思いますが、少数派なはず。)

本試験前で不安なあなたに向けて、本試験の直前にやるべき3つのことを提案します。

総合問題を解こう!

多くの人が、不安から問題集の個別論点をきっちり回そうとしますが、細かい個別論点が出る可能性はそれほど高くありません。

問題集の全ての個別論点を網羅するよりも、総合問題をたくさん解いて、そこで出て来た論点(重要論点は何度も出てきます)をしっかり解けるようにすることの方が大切です。

 

実際に本試験で細かい論点が出題されることもありますが、そこは正解できなくても大丈夫。

いつも出てくる基本問題がきちんと正解できていれば十分合格できます。

苦手な論点をピックアップしよう!

総合問題を解いて、間違ってしまった問題や不安な問題があった場合は、その論点をノートに書き留めましょう。

そうして書き留めた箇所を試験直前に一読すれば、向かう所敵なしです。

 

この方法は『お手軽間違いノート!これさえ知っておけば学習効率UP間違いなし↑↑』で詳しく紹介していますので是非ご覧下さい。

これが一番大切!体調管理をしっかりしよう!

体調管理というと、「そんなの大丈夫」・・・と、軽視する人もいるのですが、実はとっても大切なんです。

試験前日に徹夜で勉強なんもってのほか。

 

簿記の試験では数字を写し間違えたり電卓ミスしたりと、様々なミスをしてしまいます。

知識的には十分合格レベルなのに、些細なミスのせいで合格できない人もたくさんいるんですよ。

 

本試験の前日はしっかりと睡眠をとり、体調を整えて試験に臨みましょう。

大丈夫、あなたの苦手なところはノート(「苦手な論点をピックアップしよう!」参照)に全部書き込まれていますから、これを当日の朝と本試験開始の直前に見直せば万全です。

さいごに

今回は、誰しもが不安に感じる本試験直前期にやるべきことを3つお話しました。

直前期で重要となるのは、「本試験で最高のパフォーマンスをするための準備」です。

みなさん、本試験前には今回お話した3つことを実践しましょう。

スポンサーリンク