スポンサーリンク

第9節 仕入帳

り:第9節は仕入帳だよ。仕入帳は仕入れに関する取引を記入する補助記入帳なんだ。それじゃ、ルールを確認していこう。摘要欄には仕入先・代金の支払方法・商品名・数量・単価などを記入。返品・値引は赤で記入。あ、試験では黒の鉛筆で記入してね。月末に総仕入高・仕入戻し高・純仕入高を記入。総仕入高には返品・値引を控除する前の金額を記入するよ。それと、仕入戻し高も赤で記入するルールなんだけど、試験では黒の鉛筆で記入だよ。それから、総仕入高を記入する前と、純仕入高を記入する前に金額欄に区切り線を引いてね。そして、日付欄と金額欄を二重線で締切る。こんな感じだよ。

ケ:ふむふむ。1月5日は、三重商店からイスを5脚、1脚当たり1000円で掛仕入れしているね。トータルの金額は5000円。そして、1月8日は三重商店に1000円のイスを1脚返品しているね。返品だから赤で記入されているんだね。総仕入高には返品額を控除する前の金額を記入するから5000円。そこから仕入戻し高として返品分の1000円を控除して、純仕入高が4000円なんだね。

り:その通り。仕入帳も難しくないでしょ。

ケ:うん、とっても簡単。次いこう。

り:そうだね。次に進もう。

第10節 売上帳

り:第10節は売上帳だよ。売上帳は売上げに関する取引を記入する補助記入帳なんだ。仕入帳と形式が同じだからルールの説明は必要ないんだけど、下の売上帳の内容をケロちゃんに説明してもらおうかな。

ケ:オッケー。1月5日は、愛知商店にテーブルを10台、1台当たり600円で掛売上げしているね。トータルの金額は6000円。そして、1月8日は愛知商店から600円のイスを2脚返品されているね。トータルの金額は1200円。返品だから赤で記入されているね。総売上高には返品額を控除する前の金額を記入するから6000円。そこから売上戻り高として返品分の1200円を控除して、純売上高が4800円。

り:うん、完璧だよ。第9節はこれでオシマイ。今回はここまで。次回もがんばろうね。