スポンサーリンク

貸借対照表(受取手形・支払手形の説明)

受取手形・支払手形

受取手形とは、業務取引により取引先より受け取った手形です。

支払手形とは、業務取引により取引先に振り出した手形です。

受取手形・支払手形両者について約束手形為替手形が存在します。

簿記上の手形の処理については非常に論点が多いところでもありますので、1つずつ見ていきましょう。

約束手形とは

約束手形とは、手形の振出人が受取人に対して一定金額の支払いを約束した証券です。

約束手形の登場人物は「振出人(支払人)」「受取人(名宛人)」の2人です。

以下それぞれの処理をみていきます。

約束手形の受け取りについて(受取人の処理)

約束手形を受け取った場合、満期日(支払期日)にお金を受け取ることができるという権利が生じるため『受取手形』(資産)を認識します。

仕訳としては次の2つをおさえておきましょう。

・例1

横浜商店は東京商店に商品300円を売上げ、代金として東京商店振り出しの約束手形を受け取った。

(借)受取手形 300円/(貸)売上 300円

・例2

約束手形300円の満期日が到来したため、当座預金口座に300円が振り込まれた。

(借)当座預金 300円/(貸)受取手形 500円

約束手形の振り出しについて(振出人の処理)

約束手形を振り出した場合、満期日(支払期日)にお金を支払わなければならないという義務が生じるため『支払手形』(負債)を認識します。

仕訳としては次の2つをおさえておきましょう。

・例1

東京商店は横浜商店より商品300円を仕入れ、代金は約束手形を振り出して支払った。

(借)仕入 300円/(貸)支払手形 300円

・例2

約束手形300円の満期日が到来したため、当座預金口座から300円が引き落とされた。

(借)支払手形 300円/(貸)当座預金 500円