スポンサーリンク

今回は簿記の魅力についてお話します。

なんとなく簿記の勉強を始めた方、会社の上司に簿記資格を取るように言われて勉強を始めた方など、動機は様々かと思います。

 

ここで簿記の魅力を知ることで、自分が簿記を勉強するメリットを見出して、モチベーションを上げてもらえたらなと思います。

簿記を勉強するメリット「社会人としての感性が磨かれる」

簿記が必要なのは、何も会社の経理担当者だけではありません。

経営者に必要な経営管理能力が養われる

簿記を理解することで、会社の経理に必要な会計知識が身に付くだけではなく、財務諸表を読み解く力や基礎的な経営管理・分析力が身に付きます。

これは経営者に強く求められる力ですね。

コスト意識が高まる

簿記の勉強を通してビジネスの基本である『コスト意識』が高まります。

これはすべての社会人に求められる力で、コスト意識の高い人はどこの企業も欲しがる人材です。

会社の経営にはあらゆる面でコストが発生しています。

日商簿記検定の学習をとおして、モノの流れやお金の流れがわかるようになり、結果としてコスト意識も自然と高まっていきます。

簿記を勉強すると仕事が楽しくなる?

以上のように、簿記は経理担当者の単なるスキルアップのためのツールではなく、すべての社会人に最低限求められている素養だとも言えるわけです。

なんとなく日常業務をこなすのではなく、常にコストを意識して、もっと言ってしまえば経営者の視点に立って仕事が出来たら楽しいですし、社内の評価も間違いなくあがりますよ。

さいごに

今回は、簿記の勉強をすることで社会人としての感性が磨かれるというお話をしました。

簿記の魅力はまだまだありますが、それはまたの機会に。

スポンサーリンク