スポンサーリンク

今回はキャッシュフロー計算書を紹介します。

みなさんはキャッシュフロー計算書がどんなものか知ってますか?

「キャッシュ」は直訳すれば『現金(お金)』という意味、「フロー」は『流れ』という意味なので、名前の通り考えれば現金(お金)の流れを示す計算書ってことですよね。

そのイメージでOKです。

キャッシュフロー計算書は、会社のお金の流れを示す書類なんです。

つまり、当期にお金が会社にいくら入ってきて、いくら出て行ったかを示した書類なんですね。

なんだかお小遣帳みたいですね。

このキャッシュフロー計算書はキャッシュに着目した計算書なんですが、キャッシュにも色々な性格があり、この計算書ではその性格ごとに3つの区分に分けて以下のように表示します。

【営業活動によるキャッシュフローの部】

営業収入                 ×××

原材料又は商品の仕入支出         ×××

人件費支出                ×××

その他の営業支出             ×××

小計                   ×××

利息及び配当金の受取額          ×××

利息の支払額               ×××

損害賠償金の支払額            ×××

法人税等の支払額 等           ×××

営業活動によるキャッシュフロー      ×××

【投資活動によるキャッシュフローの部】

有価証券の取得による支出         ×××

有価証券の売却による収入         ×××

有形固定資産の取得による支出       ×××

有形固定資産の売却による収入       ×××

投資有価証券の取得による支出       ×××

投資有価証券の売却による収入       ×××

貸し付けによる支出            ×××

貸付金の回収による収入          ×××

投資活動によるキャッシュフロー      ×××

【財務活動によるキャッシュフローの部】

短期借入れによる収入           ×××

短期借入金の返済による支出        ×××

長期借入れによる収入           ×××

長期借入金の返済による支出        ×××

社債の発行による収入           ×××

社債の償還による支出           ×××

株式の発行による収入           ×××

配当金の支払額 等            ×××

財務活動によるキャッシュフロー      ×××

現金及び現金同等物に係る換算差額     ×××

現金及び現金同等物の増加額        ×××

現金及び現金同等物期首残高        ×××

現金及び現金同等物期末残高        ×××

このようにキャッシュフロー計算書では、「営業活動によるキャッシュフロー」・「投資活動によるキャッシュフロー」・「財務活動によるキャッシュフロー」の3区分に分けて、キャッシュフローの状況を把握します。

このうち経営上一番大切なのはどの部分だと思いますか?

当然、「営業活動によるキャッシュフロー」ですよね。

この部分がその会社の本業から生み出しているキャッシュなので、会社を継続していくためには、この部分がプラスであることが重要なんですね。