スポンサーリンク

みんな、こんにちは。
りっすん先生だよ♪

今回は、商品売買の値引き・返品について説明するよ。

まず値引きというのは、商品に傷や汚れがあって代金をまける(まけてもらう)こと、そして、返品というのは、商品の品違い等により商品を仕入先に戻す(得意先から戻ってくる)ことをいいます。
どちらもイメージは大丈夫だよね!?

これら値引き・返品の処理なんだけど、実はとっても簡単なんだ。

仕入れた側も売上げた側も処理の考え方は同じ。
仕入れた時(売上げた時)の仕訳を取り消す!!
これだけなんだ。

つまり仕入時に、
(仕 入)100/(買掛金)100
と仕訳をしていたのであれば、全額返品したときは、
(買掛金)100/(仕 入)100
となるんだ。
とっても簡単だよね。

具体例では仕入側が返品した場合の処理を取り上げたけど、仕入側が値引きを受けた場合、販売側の値引き・返品の場合も処理は同じだよ。

処理を一つずつ細かく覚えるんじゃなくて、「仕訳を取り消す」、これをしっかり覚えておこう。

ブログランキングにも登録してみました。よかったら是非ぽちっとしてください。

にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ
にほんブログ村

スポンサーリンク