スポンサーリンク

みんな、こんにちは。
りっすん先生だよ♪

今回は、販売諸掛りについて説明するよ。

まず販売諸掛りというのは、商品を売上げる際にかかる運送費や手数料といった費用のことだよ。
この販売諸掛りは、販売した側(当店)と購入した側(先方)のどちらが負担するかによって処理が異なるんだ。

●販売した側(当店)が負担する場合
『発送費』・『支払手数料』といった費用勘定で処理するんだ。
例えば100円の商品を掛売上した際に、発送費が10円(現金支払い)かかった場合。
(売掛金)100/(売 上)100
(発送費)10/(現 金) 10

●購入した側(先方)が負担する場合
先方が負担すべき販売諸掛りを当店が立替払いした場合には、①『立替金』(資産)の増加として処理するか、②『売掛金』(資産)の増加として処理するんだ。
例えば100円の商品を掛売上した際に、発送費が10円(現金支払い)かかった場合。

①の仕訳
(売掛金)100/(売 上)100
(立替金)10 /(現 金) 10

②の仕訳
(売掛金)110/(売 上)100
       /(現 金) 10

①の場合は、商品代金を受取る権利と立替払いした発送費を受取る権利を別々に計上しているんだけど、②の場合は、どちらも『売掛金』含めて処理しているね。同じ相手からお金をもらえる権利という点では一緒なんだから『売掛金』勘定にまとめちゃえ!っていうのが②の処理なんだ。

このように販売諸掛りはどちらが負担するかによって処理が変わってくるから、誰が負担するのかをきちんと把握することが大切なんだ。
問題文の読み取りには十分注意しよう。

ブログランキングにも登録してみました。よかったら是非ぽちっとしてください。

にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ
にほんブログ村

スポンサーリンク