スポンサーリンク

損益計算書の売上高の話

売上高

商品を売ることを「売上げる」といい、商品を売上げた場合『売上』(収益)という勘定科目で処理します。

また、売上代金をその場で現金や小切手で受け取るのではなく、後払いとし商品を売上げることを「掛売上(掛で売上げる)」といい、この場合には、代金を後で受け取る権利が生じるため『売掛金』(資産)という勘定科目で処理します。

仕訳として次の5つを覚えておけば十分です。

商品売上時

・例1

商品を400 円で売上げ、代金は掛とした。

(借)売掛金 400円/(貸)売上 400円

仕訳の段階では売上高ではなく『売上』という勘定科目を使用します。

損益計算書に記載する時点で『売上』⇒『売上高』に変更します。

販売諸掛りがある場合

商品を売上げる際に、運送料や手数料などの費用がかかることがありますが、この費用のことを「販売諸掛り」といいます。

販売諸掛りは、当店(販売した側)と先方(購入した側)のいずれが負担するかによって処理が異なります。

販売諸掛りを当店が負担する場合『発送費』(費用)として処理します。

これに対し、先方が負担すべき販売諸掛りを当店が立替払いした場合には、あとでお金を返してもらうことができる権利である『立替金』(資産)、または『売掛金』(資産)として処理します。

・例2

商品を100 円で売上げ、代金は掛とした。なお、販売にかかった運送料10 円を現金で支払った。

販売諸掛りが当店負担

(借)売掛金 100円/(貸)売上 100円

(借)発送費 10円/(貸)現金 10円

販売諸掛りが先方負担

(借)売掛金 100円/(貸)売上 100円

(借)立替金 10円/(貸)現金 10円

または、

(借)売掛金 100円/(貸)売上 100円

(借)売掛金 10円/(貸)現金 10円

商品を返品された場合

・例3

以前、100 円で掛売上した商品に一部品違いがあったため、50 円分が得意先より戻された。

(借)売上 50円/(貸)売掛金 50円

商品を売上げた後に品違い等の理由で、商品が得意先から戻ってくることがあります。このことを「売上戻り(返品)」といいます。

売上戻りがあった場合には、商品売上時に認識した仕訳を取り消します。

代金の値引きをした場合

・例4

以前、掛けで売上げた商品に一部汚れがあったため、5 円の値引きを行った。

(借)売上 5円/(貸)売掛金 5円

売上げた商品に傷や汚れがあり、代金を一部まけることがあります。このことを「売上値引」といいます。

売上値引があった場合には、商品売上時に認識した仕訳を取り消します。

代金値引時の処理は、商品返品時の処理と同様です。

しかし、異なる取引なので、それぞれの取引のイメージはもてるようにしましょう。

売掛金の回収時

・例5

売掛金100 円を得意先振出の小切手により回収した。

(借)現金 100円/(貸)売掛金 100円

商品を掛売上した場合、その後代金を回収することになります。このことを「売掛金の回収」といいます。

売掛金の回収を行った場合、代金を受け取る権利が消滅するため『売掛金』(資産)を取り崩します。

ブログランキングにも登録してみました。よかったら是非ぽちっとしてください。

にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ
にほんブログ村

スポンサーリンク